HOME > イベント情報 > イベント詳細情報 「アムラックスカップ2007 Vol.2」

RSSファイルRSS Validator - feedAnalyzer RSSの黒カチェック


イベント情報

ロボプロ開催のイベント詳細情報について


アムラックスカップ2007 Vol.2


8/24追記
アムラックスVol.2は定員12体のロボットが集まりましたので、
エントリー締切りとさせていただきます。
ありがとうございました。


〔競技内容〕
1)ロボフラッグス
2)ロボプロサッカー 1on1
エントリー〆切8月28日(火) 午後5時
※会場の都合上、定員12名になり次第締め切ります。
※エントリー1体につき、座席を1席ご用意いたします。

〔エントリー費用〕
無料(事前登録制)


種類/
ステージ型イベント&登録参加型イベント&体験型イベント
日時/
2007年 09月 02日(日)
時間/
8/24追記
【スケジュール】
11:30-12:00  受付

11:30-13:00  ステージ開放
(但し13:00-13:10、14:30-14:40、14:50-15:10、
   16:30-16:40、16:50-17:10ステージ使用禁止)

12:00      一般参加者の方へ競技・ルール説明
13:20-14:20  ロボ・フラッグス 
15:20-16:30  ロボプロサッカー1on1
         表彰式
場所/
トヨタアムラックス
(住所:東京都豊島区東池袋3-3-5)
アクセス:http://www.amlux.jp/access/
内容/
ロボプロシュート

※アイコン説明はこちらへ
備考/
【ロボフラッグス・ルール】
※試合の対戦表は当日お配りいたします。

1.スタート時、ロボットがうつ伏せ状態で横になっている。
  脚はスタートライン側をむいている。
2.競技は1レース2体によりおこないます。
3.審判の笛でスタート。
4.起き上がり、二足歩行で旗まで向かう。
5.先に旗を2本以上倒した方が勝ち。

○旗の倒し方は、どのような方法でもよい。(前転、パンチなど)
○移動手段は、問わない。
○双方同時に倒れこみ、旗を倒した場合、
  最終的に旗に触れている方のポイントとする。
  審判の判定にゆだねる。
○相手を妨害してもよい。
○ロボットが場外に落下した場合は、起立状態でスタートからリスタート。
○妨害行為において、相手ロボットを場外に落としてしまった場合、
  双方共にスタート地点から起立状態でリスタートを行なう。
  基本的には、ロボットが落下しないように競技を行なってください。
○時間制限 2分
  2分経過後、多く旗を倒した方が勝ち。
  同点の場合は、じゃんけんで勝敗を決する。



==============
《 ロボプロサッカー1on1・ルール 》
※試合の対戦表は当日お配りいたします。

【試合時間】
1試合 3分 
※タイムは申請できません。
※決勝戦、3位決定戦を除く試合は延長戦をおこないません。
【フィールドのサイズ】
1200×2400
【ゴールサイズ (内寸)】
横幅900 × 高さ600   




【ボール】
ROBO-ONEサッカーと同様のボール
※「ROBO-ONE」は株式会社ベストテクノロジーの登録商標です。
【ルール】
・シューター2体による1体1のサッカーゲームです。
・試合開始のKick offでは、ボールはセンターマーク
 ロボットは、ゴールエリア内からスタートします。
・審判の鳴笛により試合が開始され、
 試合時間が終了後、審判の鳴笛により試合が終了となります。
・ゴールが決まったあとのKick offでは、
 ゴールを決めたロボットは自陣のゴールエリア内からスタート。
 もう一方は、自陣のセンターマークから60cmの地点からスタートです。
・ボールがフィールド外に出た場合は、フィールドのセンターマークに
 ボールを戻します。 ロボットは、ボールが置かれるまで停止。
・ボールがゴール内のゴールラインを越えると、ゴールとなります。
・故意にハンドが行なわれた場合(手によるセービング、手によりボールをはじくこと)、
 ボールは、ハンドが行なわれた地点に置き、
 ハンドを行なったロボットは、自陣のゴールラインのセンターからリスタート、
 もう一方のロボットは、ボールの置かれた地点よりスタート。
 ※ゴールエリア内でもハンドは認められません。
・ロボットに異常が発生した場合は、オペレーターは審判に申告し
 審判がフィールド外に出します。試合は、止まらず進行します。
 フィールドにロボットを戻す場合は、フィールドより出した地点の
 タッチラインからリスタートです。
・ロボットが自然に転倒し、5秒間動かなかった(起き上がり動作を行なわない)場合は
 審判により、ロボットをフィールド外へ出します。
  フィールドにロボットを戻す場合は、フィールドより出した地点の
 タッチラインからリスタートです。
・同点の場合は、じゃんけんにより試合を決定します。
 決勝戦、3位決定戦のみ 延長戦を行い、先にゴールした方が勝利。

【禁止事項】(脚によるスライディング、トラップはOK)
・開脚によるディフェンス
→行なった場合は、 『注意』を与える。 
・故意の倒れ込みによるディフェンス
 (キーパーのセービングのような動作など)
→行なった場合は、 『注意』を与える。
・故意にフィールド上で寝そべること
→行なった場合は、 『注意』を与えます。
→また、寝た状態で5秒間動かなかった場合は、
  審判がフィールド外へロボットを出します。
・フィールド外に出されたロボットを戻す場合、フィールドより出した地点の
 タッチラインからリスタートです。
・ボールを脚や体の一部に挟んだ状態での移動。
→行なった場合は、 『注意』を与える。
→ロボットがボールを挟んだ状態で試合が硬直した場合、審判が
 ボールをロボットから離し、離した場所直下にボールを置きます。
 審判がロボットをもとにあった場所へ再配置します。
・ハンド プレイ(故意に手でボールをはじくこと)
→行なった場合は、 『注意』を与える。
・スポーツマンシップに反する行動(故意の攻撃、パンチや投げなど)
→『注意』または 『退場』を命じます。バトルサッカーではございません。
・2回 『注意』を受けた場合は、 『退場』とします。
 1体が退場し、試合時間が残っている場合、
 残り1体で試合は継続され、試合終了後のスコアにより
 勝敗を決します。

=============

■機体レギュレーション■
二足歩行であること
但し、以下の条件にあてはまるロボットとする。
・足裏は片脚各々『直径13cm』以内であること。
・ロボットの重量は『5kg』以下であること。
・ロボットの身長は『60cm』以下であること。
・ロボットの操縦方法は問いませんが、
 無線管理につきましては以下をお守りください。
 こちらでは無線(クリスタル)の予備をご用意することができません。
 無線が参加者同士で重なってしまう場合がございますので予め予備をご用意
 いただきますようお願い申し上げます。
 当日、無線が重なってしまった場合は参加者同士で調整をお願いする場合が
 ございます。
 その際は何卒ご了承ください。

■ポイント加算方法■
1位 10点
2位 8点
3位 6点
4位 4点
5位以下 2点
※ロボフラッグス、ロボプロサッカー1on1の各競技に得点が与えられる。
 総合特点数が高いロボットより順位が決まる。
 同着の場合は、ロボプロサッカー1on1の得失点差により順位を決める。
 更に同着の場合は''じゃんけん''により順位を決める。

■賞品■
1位    トロフィーと
     副賞「ロボットショップ利用券(3万円相当)」
     もしくは「Robovie-iオーム社バージョン」 1体
2位    ロボット用小型CPUボード「VS-RC003HV」 1個
     もしくはジャイロ「VS-IX001」1個
3位-5位  サーボモータ「VS-S090J」 1個
     もしくは無限回転サーボ「SX-01」 1個

※ロボットショップ利用券は、ご希望商品の合計金額が3万円に満たない場合においても
 差額の金額はご返金できません。
 また、ご希望商品の合計金額が3万円を超える場合は差額の不足金額をお支払いください。
 有効期限は9月末まで。


□メモ□
1)ご昼食は各自ご用意ください。
  (施設内の定められた場所以外でのご飲食はお遠慮ください。
  選手控室は飲食禁止となっています)
2)会場までの交通手段は各自お手配ください。
3)貴重品、ロボット管理について
  貴重品及びロボットは各自にて管理をお願いいたします。
4)リチウムポリマーの電池を使用されている方へのお願い
  取り扱いに十分お気をつけてください。
また、充電中は座席よりはなれないようお願いいたします。



HOME > イベント情報 > イベント詳細情報 「アムラックスカップ2007 Vol.2」